•  

無駄な毛なんとかしたい方注目!推奨のムダ毛対策方法とは

夏は勿論のこと、エアコンが普及した最近では年間を通して薄着で過ごすシーンが増加してきました。そこで不安要素となるのが無駄な毛。照れくさいをしないためには、日頃からむだ毛処理に気を配ることが大事になるといえます。
むだ毛処理は自分でもできますが、効き目を考えるのならやはり脱毛サロンか医院が推奨です。そしてその2つには効果や価格等で一長一短があり、何を要望するかによってどちらをチョイスするのかが決まってきます。
ここでは、脱毛サロンと診療所でのムダ毛処理方法を比較し、選択する際の項目を調査していくことにします。



毛の役割や特性について

人間には髪の毛を含めほぼ全身にヘアーが生えており、それは約150万から200万本になるといわれています。
毛には、保温や断熱をすることで体温を安定的に維持する作用や、外部からの肌へのダメージを和らげるクッションの役割、直射日光を防止するなどの働きがあります。また、無駄な毛の元の毛根の周辺には外からの振動等の情報を感じる神経が集まっており、感覚器としても機能しています。
さらに、外からのゴミやチリ等を吸い込まないようにするフィルター機能や、体の中の毒素を外に排出する役目もあり、決して不要な存在ではありません。
たくさんの役割を持つ体毛には、男の人ホルモンと女性ホルモンの波紋を大きく受けるという特色があります。
女の子ホルモンはヘアーの発達に関係するホルモンですが、それ以外の眉毛から下の体毛を形成しているのは男子ホルモンです。ですので女子でも男子ホルモンの分泌が多い場合には、毛が濃くなるといわれています。
それが多くなり過ぎると、手足や口の周辺等の体毛が固く濃くなる多毛症となる場合もあります。



自力でできるおすすめのムダ毛処理方法

このように体毛には多くの役目が認められていますが、これらは大昔から存在している人にとって必要とされてきた役目です。
近年生活においては、体温を一定に維持したりスキンを護る機能は、家やエアコン・衣服等が担っています。したがってムダ毛処理することに差し支えがなく、そればかりか他人を不快にさせない・陰口を叩かれない等の理由からは、脱毛はむしろ必要となるケースが多いといえます。
ムダ毛処理する時には、まず自力でのセルフケアの手段が考えられます。
カミソリや電気かみそりで無駄な毛を剃る手段が最もシンプルですが、肌への刺激が大きく炎症を発生してしまう場合もあります。また、すぐに伸びてきてしまい効力が持続せず、チクチクした嫌な感触という短所もあります。
この感触を解決し、効果の持続時間も長時間なのが脱毛クリームです。ただしムダ毛対策クリームは薬剤の作用でムダ毛を溶かすため、スキンへのダメージが大きいという短所があります。
そして、ワックスを無駄な毛に付けて毛根からいっぺんに抜きとる、脱毛ワックスという方法もあります。産毛から剛毛・白髪まであらゆる無駄毛に対応しますが、痛みが強くスキンへストレスをかけることが欠点です。さらに維持期間も他の方法に比較すれば長いとはいえますが、永続的な影響は望めません。



脱毛サロンや医院でできる脱毛方法とは

スキンへのダメージを軽減し長期にわたってムダ毛処理の効力を維持させたいのであれば、自宅でのセルフケアではなく専門家に依頼する手段がおすすめです。
専門家には脱毛サロンと医療機関である診療所の2種類があり、どちらも器具から光を照射し毛根に熱変化を起こすというベーシックな脱毛方法は同じです。
ただし、脱毛エステと診療所では当てる光の波長の種類が異なっていて、脱毛サロンでは複数の波長を含んだ光を広範囲に照射する光脱毛が、医院では単一の波長で集中的に熱を集めて当てるレーザー脱毛が行われています。
ピンポイントの照射である光ムダ毛対策は、医師がオペする医院でのみしか受けれないほどの高レベルのレーザーの照射で、高いムダ毛処理影響も得られることになります。光脱毛の場合にはエステの光ムダ毛対策の約半分の回数で、ほとんど自己処理がいらなくなるレベルにまでなるといわれ、さらに永久脱毛も可能となります。
その一方で、高レベルのレーザー照射には苦痛も伴います。脱毛エステのレーザームダ毛処理ではほとんど苦痛を感じないのに対し、医院で光をスキンの薄いVIOに照射されると、人によっては耐えられないほどの苦痛を感じるともいわれています。



脱毛サロンや診療所をチョイスする際の注意点

むだ毛の処理をする場合にはセルフケアではなく、プロの力を借りたほうが良いことはわかりましたが、脱毛サロンと医院のいずれを選択すればよいのかについては一概にはいえません。
上記のように、医院では比較的短い時間で大きなムダ毛対策影響を得ることができますがそれには強い痛みが伴います。
それに対して脱毛サロンでは、苦痛を察知することなく永遠とまでは望めなくてもそこそこの効き目は得ることができ、施術後はうるおい対策等の肌のケアを受けることもできます。ただオペ後のケアに関しては、もし何か医療的なトラブルが発症した時にサロンでは対応できず、そこは医者が施術してくれるクリニックとは異なるポイントです。何より医院には、医師が傍についているという信頼感があります。
また顔脱毛を受ける場合、クリニックではオペ後の化粧は制限を受けますが、施術後すぐの化粧も可能な脱毛サロンは多くあります。
さらにコストの面では、サロンよりも医院を使ったほうが高くなります。サロンであれば期間限定のキャンペーンや割引特典の付いたコースを設けている場合がありますが、クリニックではこのような割引はまず望めません。
このように、脱毛サロンと医院にはメリットがあります。この2つで迷っているのであれば、あなたが一番重きを置くのはどの点なのかをよく考えて、納得のいく脱毛方法を選んでください。